一瞬の油断

 今日も冷え込みが厳しかった。大雪の日から5日目だというのに、拙亭の周りには、まだかなりの雪が残っている。ゴルフ練習場は依然としてクローズ状態。沢沿いの私道は除雪したので雪は残っていなかったが。雪解け水が私道の一部に流れ込み、凍りついていた。危険だとは承知していたが、夕方、薪小屋から薪を運び入れる際に、うっかりしてその凍り付いた箇所で、滑って転び左手を地面に着いた。「しまった!」と思ったが、時、既に遅し。一瞬の油断だった。早速、タクシーを呼んで整形外科の大仁クリニックへ駆け付けた。レントゲン写真を撮り診てもらったところ、左手首の付け根の部分に2カ所ひびが入っていた。先生に恐る恐る、「来月の6日及び8日にゴルフが予定されているのですが、駄目でしょうか」と尋ねたら、実に無愛想に「駄目ですね」とつれない返事。帰りにはセータを脱がされ、左手全体を固定し、さらに首から三角巾で吊り下げて拙亭へ戻った。なお。指は動かせるので車の運転には全く支障ない。
 まさに一寸先は闇である。雪の事故等が新聞等で連日、報道されてはいたが、それが我が身に降りかかろうとは夢にさえ思っていなかった。それにしても一瞬の油断って恐ろしい。一寸した不注意で人生台無しにした人、少なくない。気を付けなくちゃ。
  それにしても人生はミステリー。もしかして、明日、誰も予期しなかったことが起こり、たった1日でこれまでの人生の全てが変わるかも知れない。私は常にそれを覚悟している。過ぎ去りし日々は、もう2度と戻ってこない。ひたすら前を向いて歩むしかない。取りあえず、今は2月13日からの常夏のハワイ旅行しか頭にない。

哀れな姿 : 画像はスマホで撮り、メールでパソコンに送信したもの。

昨日の画像

同上 : ゴルフ練習場は依然としてクローズ。その代わりにスキーが出来ます。

日当たりの良い川向うの畑には雪はほとんど残っていない

昨日の夕食、今日はおでんにしようと思ったがこんな状態なので止めました。