栄枯盛衰の理

 昔、弘法大師がこの伊豆修善寺で修行を積んだという。温泉も彼が独鈷を突いて掘り当てたという。でも、多分、その話は嘘でしょう。僕もこの地で百姓しながら、日々、ゴルフの修行に励んでいるけど、ちっともご利益が無いのだ。
 また、2020年にはこの修善寺でオリンピックの自転車競技が開催されるが、全然、盛り上がっていない。インフラ整備など目立った投資も全然ない。 また、最近は中国経済に陰りが見え始め、頼みの中国人観光客は減少傾向にある。さらに2019年には消費税1割が導入されるという。そうなれば深刻な需要不足は避けられず、国内総生産(GDP)はー5%~ー6%と予想され、地方経済は危機的な状況に陥る。最悪は東南海地震と首都圏直下地震の同時発生。有り得ることなので、想定しておく必要もある。

 修禅寺の鐘の音、諸行無常の響きあり、栄枯盛衰は世の常 やっぱり、生きているうちが花



桂谷会(村のゴルフコンペ)

 最近はずっきりしない天気が続いていたが、今日は朝から秋らしい晴天が広がり、久しぶりにお天道様を拝むことが出来た。しかも風がないときて、これ以上のゴルフ日和は滅多にない。昨日のコンペと今日の村のコンペとの二者択一で、昨日のコンペ主催者には大変、申し訳なかったが。今日の日を選択したのは正解だった。
 コースは、毎度おなじみのフジ天城GC(旧天城日活)。今回は友人から頂いた地主優待券を利用したので、プレー代はランチ及び生ビール付きでたったの5千円。
 ただし、肝心のスコアは下掲の成績表のとおりで、今一、パッとしなかった。何しろラウンド中は、同伴者が持参したウィスキーを飲みながら。足がよろけながらも何とかプレーしたが、本来の実力は十分に発揮できなかった??? 悔しい!
 でも楽しかった。久しぶりにOB2連発で11打と大叩きしたホールもあったがバーデイも1ホールあった。また、ニアピン賞(500円)もゲットした。19番ホールは村の定例会出席のため残念ながら参加できなかったが、定例会の後は、例によって飲み会。拙亭へ戻ったのはPM10時半でした。

成績表

2018北海道ツアー(9/20~9/22)

このイケメン爺さんは、何処の、誰? : 大通り公園にて

キリンビール館にて本場ののジンギスカン料理を味わう。

クラブハウス玄関入り口

アプローチの練習

白樺林が、如何にも北海道、という感じです。それにしても、パットは駄目だね。どうしても前へ突っ込む傾向がある。

北海道カントリークラブ プリンスコース(旧函館大沼プリンスゴルフコース) : 2019ツアー開催予定コース。

ツアーチャンピオンシップ最終日

 今日は未明のAM3時に起床し、先ずゴルフネットワークでツアーチャンピオンシップ最終日をTV観戦し、AM5時からはNHKBS放送で観戦。松山英樹はすでにホールアウトしたが、最終日を65の好スコアでランドし、トータルをー6として4位タイ。年間ポイントは13位。よく、頑張ったと思う。
 只今、ワンちゃんの散歩から戻ったところ、時刻はAM6時半。単独トップのタイガーは、ここまでスコアを1つ落としてー11。2位に2打差で依存としてトップを維持。
 今、タイガーは18番ホール、ティーショットを放ち2打目地点へ向かっている。なお、年間王者はプレーを終えたジャスティン・ローズに決まり。
 タイガー3打目はグリーン手前のバンカー。ロングホールなのでほぼ優勝間違いなし。グリーン周りは大ギャラリー。大声援の中、パー。タイガー、待ちに待った優勝です。これでツアー80勝を達成。Congrats!

栄光への脱出


今朝のニュースで北海道旅行者が地震の影響で激減し、特に中国や台湾からの旅行者は地震前の10分の1にまで減少したというが、少なくても僕らが宿泊したホテルでは、そうは感じなかった。何しろ朝の朝食ではエレベーターホールからレストランまで中国団体客の長蛇の列、我々は止むを得ず、別の中華レストランで朝食を済ませた。何故か中国客は0でした。

生きているうちが花

何だかんだと言っても、この世で最も大切なことは、やっぱり「生きてるうちが花なんだぜ」かな? でも、花は永遠に咲き続けるというわけにはいかないので、咲いている今を元気でいたい。一瞬、一瞬を疎かにせずに、出来れば、美しく咲いていたい。そして、たとえ、風雨にさらされても、可能な限り、助けを借りずに、自分で自分をコントロールしていたい。そのためには難しいけどあらゆる面で、節制、バランス、状況判断力が大事かな?。そして肝心なのは「俺は生きるんだ」という強い意志。でも、意志の弱い僕には無理。
「行く川のながれは絶えずして、しかも元の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。・・・・・ 無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。」(方丈記) やっぱり、僕も、無理せずに、畑の野菜と同様にお天道様にお任せします。でも、27日のゴルフは頑張るぞ!
ところで、大阪なおみは東レ パン・パシフィック・オープン決勝で敗れ、優勝はならなかった。敗因はバインコーチの指摘によると「気持ちが入り過ぎていた。」「どうしても勝ちたいと気持ちがはやっていた。」という。世の中、甘くないねぇ。
月かげは入る山の端もつらかりきたえぬひかりをみるよしもがな」(どんなに繁栄して光り輝いていてもいつかは衰退して光を消す日がくるものだ。栄枯必衰は世の常だとおもうよ」

Rachmaninoff: Piano Concerto no.2 op.18 Nobuyuki Tsujii blind pianist BBC proms

こんな美しい演奏をただで聴けるなんて、本当に生きていてよかったです。この世の全てに感謝です。