You May Dream

 今日は朝から雲一つない晴天です。日課の素振り練習を終えてから、珈琲を飲みながらNHKオンデマンドWEB放送「You May Dream」を見終わったところ。このドラマは先月、NHKで放送されたが、見逃した。内容は九州福岡が生んだ伝説のロックバンド「シーナ&ロッケツ」の半生を描いたもの。
 そのボーカル、シーナさんとギターの鮎川誠さんは夫婦でありながら同じロックバンドのメンバーで、日本のロック音楽に大きな影響を与えた。シーナさんは3年前に61才の若さで亡くなったが、女性ロッカーの先駆けとして輝いたその精神は今も息づいている。ドラマではその二人が過ごした1970年代の福岡、北九州を主な舞台に出会い、そして羽ばたいた青春時代が生き生きと描かれていた。
 実は、シーナ(鮎川 悦子、旧姓、副田)さんの娘さん(副田陽子さん)とは、今は亡き息子の高校時代の極、親しい友人同士だった。よく内緒で学校をさぼって付き合っていたらしい。そんな関係から僕も昔、妻と一緒に渋谷のライブハウスで「シーナ&ロッケツ」の生演奏を聴いたことがある。

You May Dream

二人が若かった頃のTV出演です。