襟裳岬


 昨日は近くの伊豆国際CCで現役時代の仲間とのプライベートゴルフを楽しんだ。しかし、この仲間達とは現役時代にゴルフはおろか仕事さえ一緒にしたことはない。たまたま、同じ会社に属していただけという不思議な縁の仲間である。接点は、会社魂を持ち続けながらもゴルフ好きということだけ。
 伊豆は北海道の襟裳岬と違って富士山あり、温泉あり、ゴルフ場あり、四季折々の風情もありで大いに楽しめる。でも、僕の気持ちはやっぱり襟裳岬です。
 
「北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい・・・晩秋かな?

理由のわからないことで 悩んでいるうちに
老いぼれてしまうから
黙りとおした 歳月を ひろい集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です・・・えっ、もう春なの?

君は二杯めだよね コーヒーカップに
角砂糖をひとつだったね
捨てて来てしまった わずらわしさだけを
くるくるかきまわして
通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね
襟裳の秋は 何もない秋です

日々の暮らしはいやでも やってくるけど
静かに笑ってしまおう
いじけることだけが 生きることだと
飼い馴らしすぎたので
身構えながら 話すなんて ああおくびょう なんだよね・・・(北海道では通りで見知らぬ人に話しかけても身構えないですね、おおらかで、親切だ。)
襟裳の春は 何もない春です

寒い友だちが 訪ねてきたよ
遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ」

 特に最後のフレーズは僕の仲間たちへの気持ちを表している。「友が訪ねてきたよ。遠慮はいらないから 、ゴルフしてゆきなよ。洒落た暖炉はないけれど、錆びた薪ストーブはあるからさ! 何もないけれど、近くには回転寿司だってあるからさ・・ ・と言うわけで、昨日はプレー後、大仁の「はま寿司」で夕食を共にした。楽しかったね。懲りずに、また来てよ!
 なお、肝心なスコアはアウト48、イン47。シニアプロの田村尚之氏の真似をしたがなかなか思い通りにはいかなかった。でも、もう悩まない。老いぼれてしまうから???

懐かしい

Yves Montand – Les Feuilles Mortes

懐かしい、確かにこの歌声です。僕がまだ小学生の頃、覚えがある。まだ、テレビがなかった時代、古ぼけたラジオから流れるイブモンタンの歌声は、それから60年以上経った今でも、はっきりと脳裏に焼き付いている。

Right Here Waiting(僕はここで待っている)

Right Here Waitingと言えばRichard Marx だが、少し切ない感じがする。一方、Il Divoの歌は明るく、希望を与えてくれる。
Il Divo – Right Here Waiting (Te Esperaré)


Richard Marx – Right Here Waiting


富士山の初冠雪、但しこれは2016年10月の画像。今年は当分先ですね。


曲はセレナーデ / シューベルト、演奏はフィラデルフィア管弦楽団

祝ノーベル賞受賞

Giovanni Marradi – Autumn Leaves

気持ちのいい朝を迎えた。今日こそ台風一過に相応しい。今、枯葉を聴きながら、珈琲を飲んでいるところです。ところで、本庶佑教授(京都大高等研究院特別教授)が、ノーベル医学生理学賞を受賞することに決まりました。最近は、日本人の受賞が当り前になりましたね。素直に誇らしく思う。記者会見で「教科書に書かれていることは信用するな」と言っていました。僕も巷に溢れているレッスン書は信じていないが、自分自身も信用していない。そこが彼と、一寸違うかな? また、「一番したいことは」の問いに対しては「一番したいことはエージシュートだ。ゴルフのスコアで、自分の年と同じ(以下の)スコアで上がること。僕は76歳なので76を出すことが最大の目標だ。」 これは僕と同じ。そして、「大切なことは、出来ることではなく、真実を知ることだ」という。これも僕と同じ考えだ。僕もゴルフスイングの真実を知りたいと思って、日夜努力している。今回の受賞は、僕にとっても大いに励みになった。 ノーベル賞の受賞に大いなる感謝と尊敬を込めて、おめでとうございます!

祝ノーベル医学生理学受賞! 本庶佑「研究では偶然を見逃さないことが大切」。そうか、僕もゴルフのまぐれを見逃さないようにするぞ?

もう10月です。

OCTOBER – Pavel Panin


ゴルフ等の予定
1、プライベートゴルフ(10月5日) :伊豆国際CC
2、愛好会(10月9日) :伊豆国際CC
3、同好会(10月11日) :ラフォーレ修善寺CC
4、オータムプレミアムコンペ(10月17日):御殿場GC
5、ハワイ(10月28日~11月5日)