トラジャ珈琲豆を挽きながら

この曲「コーヒールンバ」は、ベネズエラのシンガー・ソングライター、ホセ・マンソ・ペローニ(Jose Manzo Perroni)が1958年に作詞・作曲した「Moliendo Cafe:モリエンド・カフェ」が原曲で、モリエンド・カフェとは「コーヒーを挽きながら」という意味です。そして、彼の甥のアルパ(インディア・ハープ)奏者のウーゴ・ブランコ(Hugo Blanco)が1960年に演奏して世界的にヒットして知られるようになりました。