歌声の響き

 恥ずかしながら、初めて三浦大知氏の存在を知った。陛下の沖縄への並々ならない思いに対して何とか応えようと気持ちを込めて歌っていた。立派でした。
 以前、陛下は「沖縄の主権はまだ回復されていない」と指摘された。きっと、今も同じ気持ちだろうと思う。