コーヒルンバ

<コーヒー豆のクロロゲン酸に、認知機能改善効果>

今日は、コーヒー党の方への朗報です。
コーヒーの生豆などに含まれるクロロゲン酸に、高齢者の認知機能を改善する効果があることわかりました。
これは、山形県立米沢栄養大の加藤守匡准教授が、大手食品メーカー「花王」との共同研究で明らかになったものです。
研究では、2014年8月から半年間、米沢市の65歳以上の男女計8人にクロロゲン酸330ミリグラム入りの試験飲料100ミリリットルを毎日就寝前に摂取してもらい、その前後の認知機能テストを行って、その効果を調べました。
その結果、8人は全員、テスト前は認知機能の低下を自覚していたそうですが、摂取後には視覚運動機能や注意機能、記憶能力など計15項目で、平均20%の改善が示されました。
特に前頭部の脳がつかさどる注意機能などの改善が顕著だったということです。
また血液検査では、認知症を引き起こすとされるタンパク質の一種、アミロイドベータが平均27%低下し、言語記憶の改善にも効果が見られました。
コーヒー摂取による認知機能の改善効果は知られていますが、今回コーヒー豆に多く含まれるクロロゲン酸の効果が実証されたことは、コーヒー好きの人には心強い報告となりました。(メルマガより抜粋)
 僕も珈琲党ですが、一向に改善されません。ですので、これからはヨモギ茶で頑張ります???