明日に架ける橋

Elvis Presley

Whitney Houston & Cece Winans

【歌詞】
君が疲れ果て、途方にくれて
涙さえ浮かべていたら
ボクがその涙を拭いてあげる

ボクは、いつも君のそばにいるから
辛いとき、友達も見つからない時
ボクが橋となって
激流の中に立ち尽くす
君を救い出してあげるよ

ボクが激流に身を投げ出し
橋となって、立ち尽くす君を
救い出してあげるよ

君が挫折し、希望を失って
一人街を彷徨い
つらく寂しい夕暮れを迎えた時は
ボクが君を慰めてあげるよ

暗闇が訪れ、苦しみに包まれた時も
ボクは、必ず君の味方だよ
激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる

激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる
さあ、立ち上がって!
前に向かって歩き出すんだ!

暗闇が去って、輝く時が来たんだ
君の行く手には、いくつもの希望がある
みんな輝いているだろう?
友が必要な時は、振り返ってごらん
いつも君の後ろにボクがいる

激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ
そう、激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ


◎おまけ
Elvis Presley – Suspicious Minds


 僕がゴルフに疲れて、途方に暮れて、涙を浮かべても 誰も助けてくれる者はいない。たとえ明日に架かる橋を渡れても、疑心暗鬼ままじゃ僕の夢は築けないよ(I can’t build my dreams on suspicious minds)そうだ、明日、練習場へ行こう? 何しろゴルフはどんなトラブルに見舞われても誰も助けてくれない。頼れるのは自分だけ。自分を鍛えるしかない。