十津川郷と会津藩

僕の母方のルーツは会津藩士だが、父方のルーツは朝廷側に組した十津川郷士。僕の身体には幕府側と朝廷側との相反する血(DNA)が交じり合って流れている。でも、救いは薩長連合に組したのではなく、純粋に自らの基盤と伝統を守るために朝廷に奉じたということ。さらに戊辰戦争には加わっていなかったこと。自分の奇妙な考え方や振る舞いについて理解するには下掲の動画は大いに参考になる。

Scroll Up