春まだ遠く・・・~陽はまた昇る~


僕のゴルフと同じ心境です。それにしても、よく、こんな言葉が思い浮かぶなぁ。感心します。

夢を削りながら 年老いてゆくことに
気が付いた時 はじめて気付く空の青さに

あの人に教えられた 無言のやさしさに
今さらながら涙こぼれて 酔いつぶれたそんな夜

陽はまた昇る どんな人の心にも
あー 生きてるとは 燃えながら暮すこと
冬晴れの空 流れる煙 風は北風

鉢植えの紫蘭の花 朝の雨にうたれ
息絶えだえに ただひたすらに遠い窓の外

もしかして言わなければ 別離ずにすむものを
それでも明日の貴方の為に あえて言おう“さよなら”と

陽はまた昇る どんな人の心にも
あー 生きてるとは 燃えながら暮すこと
春はまだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

陽はまた昇る どんな人の心にも
あー 生きてるとは 燃えながら暮すこと

春はまだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す
春はまだ遠く 哀しむ人よ 貴方を愛す

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ

毎年4月上旬に開かれるマスターズ・トーナメントの開催コースとして名高い。1932年ボビー・ジョーンズとゴルフコース設計家アリスター・マッケンジーとの設計によってオープンした。

コースのメンバーは世界中に約300名いるが、当然会員希望者は多く、会員になるためには数十年程度待たなければならないと言われているほど難しい。プライベート・コースのため、コース会員の同伴か、マスターズの運営ボランティア等でないと一般人はプレーできず、一般人がプレーするのも大変に難しい。開設以来、女性会員は認められていなかったが(会員同伴のプレーはできる)、2012年8月20日、元アメリカ合衆国国務長官コンドリーザ・ライスと実業家のダーラ・ムーア(Darla Moore)の2人を初めての女性会員として迎え入れた(ウィキペディア)

 冥途の土産に一度はプレーしたいと思ったけど、無理だと分かり諦めた。その代わり今年の11月にハワイへ行く予定なので、そこの名門コース「ロイヤル・クニア・カントリークラブ」で何とかプレーしたい。
約15000円程度で出来るらしい。