「Nightwish」(北欧「フィンランド」のバンド)

 今朝、YouTubeでタイタニック号沈没のシーンを検索していたら、その動画にNightwishの曲「Sleeping Sun」が使われていたことから、偶然、このバンドを存在を知った。早速、ウィキペディアで調べたら、Nightwish(ナイトウィッシュ)は北欧「フィンランド」のバンドで、1996年に結成されたという。既に22年が経過した。日本へも何度か訪れて、最近では2016年に東京や大阪でライブ公演を行っている。でも、こんなユニークで凄いバンドが在ったとは全然知らなかった。音楽の世界は広いです!

Nightwishのメンバー

♬  Over The Hills And Far Away ♬

♬ Élan ♬


「オペラ座の怪人」の演奏も凄いです。久しぶりに興奮した。

My Heart Will Go On

♬ Sleeping Sun / Nightwish ♬


♬ My Heart Will Go On / Celine Dion ♬

セリーヌ・ディオンの歌を聴いて改めて女性の心の強さを感じた。僕も理想ばかり追い求めず、現実もしっかりと見つめて強く生きたい。ゴルフはメンタルだ。いつまでもくよくよしない。
(歌詞)
My Heart Will Go On
私の心は生き続ける

Every night in my dreams
毎晩、私の夢の中で
I see you, I feel you,
あなたに会えるし あなたを感じる
That is how I know you go on
そうやって あなたが(私の中で)生き続けているのを知る

Far across the distance
遠く離れていて
And spaces between us
私達の間には隔たりがあるけど
You have come to show you go on
あなたは(私の中で)生き続けている事を教える為に現れてくれる

Near, far, wherever you are
近くても、遠くても、あなたがどこにいても
I believe that the heart does go on
その心が生き続けていることを信じているわ
Once more you open the door
あなたは もう一度 その扉を開けて
And you’re here in my heart
私の心の中に入ってきた
And my heart will go on and on
そして 私の心(と共に)は生き続けるわ

Love can touch us one time
愛は一度私達に触れれば
And last for a lifetime
ずっと続く
And never let go ‘til we’re gone
そして 二人が死ぬまで 離しはしない

Love was when I loved you
愛とは 私があなたを愛した時
One true time I hold to
それは私にとってかけがえないの時間
In my life we’ll always go on
私の人生の中で 二人は生き続けるの

Near, far, wherever you are
近くても、遠くても、あなたがどこにいても
I believe that the heart does go on
その心が生き続けていることを信じているわ
Once more you open the door
あなたは もう一度 その扉を開けて
And you’re here in my heart
私の心の中に入ってきた
And my heart will go on and on
そして 私の心(と共に)は生き続けるわ

You’re here, there’s nothing I fear,
あなたはここ(私の中)にいるわ だから恐れることは無いの
And I know that my heart will go on
私の心は生き続けることを知っているわ
We’ll stay forever this way
私達は永遠に一緒に居るの
You are safe in my heart
あなたは私の心の中で生きている
And my heart will go on and on
そして 私の心(と共に)は生き続けるわ

Brian McKnight (音楽家)

 ブライアン・マックナイト(49才)はアメリカニューヨーク州バッファロー出身の歌手で作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。ピアノ、リード・ギター、ベース・ギター、ドラム、パーカッション、トロンボーン、チューバ、フレンチ・ホーン、トランペットといった楽器の演奏もする。
 僕はゴルフで打ちのめされて落ち込んだ時は決まって彼の曲を聴く。慰められますね。同時に、やる気も湧いてくる。
♬ Back at One ♬

♬ Bridge Over Troubled Water – Josh Groban & Brian McKnight ♬

ジョシュ・グローバンのクールな歌声とのハーモニーが素晴らしい。

♬ Mariah Carey, Brian McKnight – Whenever You Call ♬

マライヤ・キャリーの歌声もさることながら彼女の愛らしい眼差しがたまらない。

桂谷会

 今日は村のコンペ「桂谷会」。コースは伊豆スカイラインCC。AM8時24分にアウトコースからスタートした。前半は56、後半のインは54、トータル110。認めたくないがこれが現在の僕。受け入れるしかない。終始、試行錯誤を繰り返し、迷い続けた。
 19番ホールは修善寺温泉街のほぼ中央に位置する仲間の自宅。せめて、19番ホールだけでもと思い張り切って飲みました。500mm缶ビールを半ダース飲んだ。PM4時半から始めて、そこをホールアウトして拙亭へ戻ったのはPM7時半。帰りも拙亭まで送って頂いた。
 次回は7月を休んで8月17日(金)。頑張るぞ! プライドをかけてやるしかない。

成績表

今回も残った料理をパック詰めにして頂いた。取り合えず冷蔵庫に保存した。

長渕 剛

 生意気な面して偉そうにほざく奴の歌に耳を傾ける僕。何故か心惹かれるのだ。

♬ 「乾杯」他2曲(身を捨ててこそ・風の流れに身を任せ) ♬

彼の歌のコンセプトは『世の中に大きな流れがあるのなら、その心地よい流れに巻き込まれることなく、敢えて自分の流れをつくりたい。自らの流れを突き進みはじめたすべての人に、心の叫びと怒りを持つすべての人々に、そして果てしなく頂上をめざして挑み続ける人に-乾杯!』である