Rainy Days And Mondays(雨の日と月曜日は)

(歌詞)

Rainy Days And Mondays

Talking to myself and feeling old
Sometimes I’d like to quit
Nothing ever seems to fit

Hangin’ around, nothing to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

What I’ve got they used to call the blues
Nothing is really wrong
Feeling like I don’t belong

Walking around some kind of lonely clown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny but it seems I always wind up here with you
It’s nice to know somebody loves me
Funny but it seems that it’s the only thing to do
To run and find the one who loves me

What I feel is come and gone before
No need to talk it out
We know what it’s all about

Hanging around, nothing to do but frown
Rainy days and Mondays always get me down

Funny but it seems that it’s the only thing to do
Run and find the one who loves me

Hangin around, nothing do to but frown
Rainy days and Mondays always get me down

ぶつぶつと独り言ばかり言って
自分でも年をとったなと思うわ
時々、こんな事はもうやめたいとは思うんだけど
なんだか上手くかみ合わなくて

ぐずぐずと、
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

こういう感覚を
人は『憂鬱』と言うんでしょうね。
特に何かが間違っているわけじゃないんだけど
自分のいる場所はここじゃないような気がするの
孤独なピエロみたいに
ただウロウロ歩き回ってる
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

おかしな話だけど、結局はいつも
あなたのいるこの家に
行き着いてしまうみたい
誰かが私を愛してくれるって
それがわかればゴキゲンになれるのに

おかしな話だけど 私がすべき事は
たった一つしかないみたいね
それは、ここを飛び出して
私を愛してくれる誰かを見つけることなの

前にも、こんな感情が私の中で
浮かんだり消えたりしたわ
だからといって
それを口に出して言う必要もない
だって 何も言わなくても
わかるでしょう

ぐずぐずと
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

おかしな話だけど 私がすべき事は
たった一つしかないみたいね
それは ここを飛び出して
私を愛してくれる誰かを見つけることなの

ぐずぐずと
眉間に皺を寄せて 嫌な顔して
他には何もすることがない
雨の日と月曜日は いつも気が滅入るのよ

円高とリスクマネジメント

僕もリスク分散のためBofA(Bank of America Corporation)やNAB(National Australia Bank)などと取引しているので為替の動向が非常に気になります。だからと言って、直ちにドルの売り買いには走りません。(もっと下がるかもしれないしね??)僕の基本的態度は昔も今も常に不測の事態に備えておくこと。おそらく日本株も下がると思うけど、まだ暴落への切迫性はないし、また、アマゾン株を買うほどの余裕もないので、今は静観するしかないのかなぁと思っている。いずれにしても不確実な時代を生き抜くには「複数のたまごを同じかごの中に入れない」ことだと思う。

及川ゆきひさプロフィール

昭和35年6月18日、神奈川県横浜市生まれ。
上智大学文学部卒業、国際基督教大学行政学大学院修了。
浪人と留年で大学院を出た時点で26歳、日本企業に就職できず、ひろってもらったのがアメリカの投資銀行メリルリンチ。英語ができないのにニューヨークに送られ、ウォール街の仕事の流儀を叩き込まれる。その後、ロンドンの投資顧問会社にうつり、日本企業の投資コンサルタントに。当時は欧州金融不況でリストラの嵐が吹き荒れ、不安の日々を過ごす中、幸福の科学・大川隆法総裁の著作に出会い、人生の成功法則を実践したところ、仕事が成功。より多くの人の人生に貢献するため、宗教法人・幸福の科学の職員になり、心の教えを海外に広める宣教師として、世界各地でセミナーを開催。
現在は、幸福実現党外務局長、国際政治コメンテーターとして、アメリカのラジオ・テレビ番組に昨年は60回以上出演し、「慰安婦問題」や「南京大虐殺」の嘘に対して、英語で反論する「日本の声」になっている。(僕は彼のこれまでの経歴から情報収集力については高く評価しています。)

なるほどねぇ! 僕の表面意識は「ドライバは250Y、シングルになること。」なので、このチャンネルを見て、潜在意識に切り替えたいと思う? でも「マーフイの眠りながら成功する方法」を読んだけど全然、成功しなかった。今度はドナルドに教わり、ゴルフだけでなく、このうだつの上がらない停滞感から何とか脱出したいと思う。

僕もヒルトン・バケーション・クラブの会員なので、この話は非常に興味深かった。