ツアーチャンピオンシップ最終日

 今日は未明のAM3時に起床し、先ずゴルフネットワークでツアーチャンピオンシップ最終日をTV観戦し、AM5時からはNHKBS放送で観戦。松山英樹はすでにホールアウトしたが、最終日を65の好スコアでランドし、トータルをー6として4位タイ。年間ポイントは13位。よく、頑張ったと思う。
 只今、ワンちゃんの散歩から戻ったところ、時刻はAM6時半。単独トップのタイガーは、ここまでスコアを1つ落としてー11。2位に2打差で依存としてトップを維持。
 今、タイガーは18番ホール、ティーショットを放ち2打目地点へ向かっている。なお、年間王者はプレーを終えたジャスティン・ローズに決まり。
 タイガー3打目はグリーン手前のバンカー。ロングホールなのでほぼ優勝間違いなし。グリーン周りは大ギャラリー。大声援の中、パー。タイガー、待ちに待った優勝です。これでツアー80勝を達成。Congrats!

栄光への脱出


今朝のニュースで北海度旅行者が地震の影響で激減し、特に中国や台湾からの旅行者は地震前の10分の1にまで減少したというが、少なくても僕らが宿泊したホテルでは、そうは感じなかった。何しろ朝の朝食ではエレベーターホールからレストランまで中国団体客の長蛇の列、我々は止むを得ず、別の中華レストランで朝食を済ませた。何故か中国客は0でした。

生きているうちが花

何だかんだと言っても、この世で最も大切なことは、やっぱり「生きてるうちが花なんだぜ」かな? でも、花は永遠に咲き続けるというわけにはいかないので、咲いている今を元気でいたい。一瞬、一瞬を疎かにせずに、出来れば、美しく咲いていたい。そして、たとえ、風雨にさらされても、可能な限り、助けを借りずに、自分で自分をコントロールしていたい。そのためには難しいけどあらゆる面で、節制、バランス、状況判断力が大事かな?。そして肝心なのは「俺は生きるんだ」という強い意志。でも、意志の弱い僕には無理。
「行く川のながれは絶えずして、しかも元の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。・・・・・ 無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。」(方丈記) やっぱり、僕も、無理せずに、畑の野菜と同様にお天道様にお任せします。でも、27日のゴルフは頑張るぞ!
ところで、大阪なおみは東レ パン・パシフィック・オープン決勝で敗れ、優勝はならなかった。敗因はバインコーチの指摘によると「気持ちが入り過ぎていた。」「どうしても勝ちたいと気持ちがはやっていた。」という。世の中、甘くないねぇ。
月かげは入る山の端もつらかりきたえぬひかりをみるよしもがな」(どんなに繁栄して光り輝いていてもいつかは衰退して光を消す日がくるものだ。栄枯必衰は世の常だとおもうよ」

Rachmaninoff: Piano Concerto no.2 op.18 Nobuyuki Tsujii blind pianist BBC proms

こんな美しい演奏をただで聴けるなんて、本当に生きていてよかったです。この世の全てに感謝です。

北海道から無事に戻った。

 新千歳空港をJAL526便にて昨夜のPM8時10分に出発。羽田に到着したのはPM9時47分。預けた荷物を受け取り、そこで友と別れて品川行きの京急線に乗車したのはPM10時半を過ぎていた。その後、山手線、小田急線と乗り継いで拙亭へ到着したのは日付が変わった0時02分。2匹のワンちゃんは、僕の帰りを今や遅しと待ち詫びていたが、無事の到着を見届けて、安心した様子だった。それにしても東京は人が多い。昨日は連休初日とあってか、新宿駅山手線ホームは深夜遅くにもかかわらず乗降客で溢れ、立錐の余地も無かった。
 今朝はAM6時に起床し、ワンちゃんの散歩に付き合ってから、プレーオフシリーズ最終戦、ツアーチャンピオンシップ3日目をTV視聴。タイガーはトータルー12。2位(マキッロイ、ローズ)に3打差でリーダーズトップ。強いタイガーが戻って来た。なお、松山はー1で16位。
 ところで、今回の北海道シリーズ、羊ヶ丘CCでのゴルフは午後スタートだったが予定よりスタートが20分も遅れ、さらに前の組の遅延プレーで、18ホールを終えたのは完全に日が沈んだ後。もう一寸でサスペンデッドになりそうだった。肝心のスコア? 年のせいで、全部、忘れちゃいました。でも、食の方は全部、覚えています。初日は大通り公園のオータムフェステバルの屋台ラーメン。夕はキリンビール館でジンギスカン、2日目は羊ヶ丘CCでラーメン、夜は東横イン先の「パサール」で回転寿司、3日目は狸小路のライオン館でナポリタン、その後、カラオケで時間を潰して夕は新千歳空港で回転寿司。朝食は2日間とも宿泊ホテル(札幌プリンス)のバイキング。食の北海道は完璧に思いを達成した。また、3日間とも、雨に見舞われなかったのは幸いだった。

札幌オータムフェストの屋台

 今日はこれからお彼岸の墓参り、明日はゆっくり身体を休めて、25日の早朝に伊豆へ戻る。さーて、来月はいよいよハワイ。そしてその翌月はタイ、バンコクだ。
 おはぎは、伊豆へ戻ってから自作して食べることにする。なお、牡丹餅との違いはネットで調べたら「おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。 ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。 一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。」(暮らしの歳時記より)
牡丹


 土産のホッケの干物3枚(北海道産)は1枚を娘夫婦、1枚を妻、残りの1枚を伊豆へ持参。生筋子は先ほど、泡立て器で筋子をばらし、大さじ一杯の塩を加えた40℃のぬるま湯で洗い(湯が透明になるまで3回程度繰り返す)、水を切ってからタッパーウェアに入れて白だし大さじ1杯、醤油大さじ1杯を加えてかき混ぜて冷蔵庫に収納した。これは全部、伊豆へお持ち帰り。なお、ホッケは二条市場(値段が高過ぎる)ではなく、イトーヨーカードーの食品売り場で、生筋子は新千歳空港で買った。
※ 40℃の湯の作り方・・・やかんに4割の水を入れて沸かし、沸騰したら6割の水を加える。

21日(金)の羊ケ丘CCの天気予報

 本日の予報では、幸いなことに絶好のゴルフ日和となるそうです。伊豆のゴルフ仲間には申し訳ないが、気持ち良くゴルフを楽しんで来ます。キタキツネとの出会いも楽しみである。

キタキツネ

 また、電力供給も本日から平常に戻ったという。やっぱり普段からの行いが効いていますね。きっと、スコアも期待できそう。勿論、ゴルフだけでなく温泉や食事も大いに満喫したい。楽しみだ。
 明日は小田急線経堂駅発AM4時49分、新宿で山手線に乗り換え、さらに品川で京急線に乗り換えて羽田空港に向かう。おそらく出発1時間前のAM6時までには到着するでしょう。

歴史的快挙

王者の笑顔

大阪なおみ、よくやった!素晴らしい。 米国人にとって、セリーナはタイガーと同じように「一番、強いアメリカ」の象徴的存在だった。なおみはその鼻っ柱をへし折ったのだから、彼らにとって、それは、もの凄くショックだったろう。世論調査では米国人の75%以上が、あの審判に不服だったらしい。きっと、あのブーイングは、強いアメリカが負けた悔しさの表れでしょう。その気持ちは痛いほど分かる。なおみも分かっていた。でも、僕は、この上なく痛快でした。久しぶりにスカァーとした。

優勝を祝ってなおみの大好きなビヨンセの歌を奉げる。

※ 彼女のコーチ「サーシャ・バイン」の言葉 : 「大事なのはpassion(情熱)だ!」

※ 盛者必衰の理(平家物語)
祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者もついにはほろびぬ、
ひとえに風の前の塵に同じ。